有酸素運動で効率アップ!筋トレと筋肉サプリでダイエット

656view

2019.07.29

痩せる為の運動

人間誰しも一度は考えたことのあるダイエット。今の自分では中々自信が持てなくて、痩せて少しでも理想の身体を手に入れたいというのは、老若男女誰もが考えてしまうことです。そんなダイエットの方法として食事制限に次いで有名なのが運動です。

しかし、運動には大まかに2種類が存在します。ジョギングやウォーキングなどを代表とする有酸素運動と、筋トレなどを指す無酸素運動です。同じ運動でありながら、この2種類は全く効果の異なるもの。それは痩せる目的の運動としても同様です。

本日は、有酸素運動と無酸素運動の筋トレを、効率よく痩せるという観点からそれぞれご紹介します。

有酸素運動と筋トレで痩せるなら

有酸素運動

有酸素運動とは、しっかりと呼吸を行い、酸素を取り入れながら行う運動のことです。軽めの運動を長時間継続して行います。

そんな有酸素運動の最大のメリットは脂肪燃焼効果が高いこと。有酸素運動では脂肪が燃焼する際にしっかりと酸素を取り込んでいる為、その酸素を利用して、より効果を高めることができます。

また、運動というのは最初から脂肪をエネルギーとして利用しているわけではなく、継続して約20分後から活発に使われるといわれています。すなわち、最低でも20分は継続できる、負荷の軽い運動である有酸素運動が適しているのです。

有酸素運動は脂肪燃焼効果が高く、負荷の軽い運動に限定されるために誰でも行う事が可能というメリットがありますが、ある程度の時間を必要とする点や、単調になりがちで飽きやすいというデメリットもあります。しかし脂肪燃焼効果は充分に期待できる運動なので、いかに継続させるかが大きなポイントです。

筋トレ

先程もご説明したように、筋トレは無酸素運動と呼ばれるものの一種です。無酸素運動とは、有酸素運動とは逆に酸素を取り込まず、負荷の高い運動を比較的短時間で行うことです。痩せるという観点において、有酸素運動と無酸素運動の最大の違いは負荷の高さになります。

人体において、エネルギーとして使われる成分は脂肪と糖です。基本的に通常時や負荷の軽い運動をしている際にはエネルギーとして脂肪が優先的に使われるのですが、負荷の高い運動など、瞬間的に大きなエネルギーを必要とする際は糖が優先的に使われる傾向があります。

すなわち、負荷の高い無酸素運動では脂肪よりも糖を優先的に使ってしまうため、効率的に脂肪を燃焼することができないのです。これは無酸素運動である筋トレも全く同じです。

筋トレを含む無酸素運動が効率的な脂肪燃焼に適さないことはお話ししましたが、筋トレが全く痩せるのに適さないかというとそうではありません。筋トレには、全く別の、脂肪を燃焼する為に重要な役割があるのです。それこそが、筋トレ本来の目的である筋肉量のアップです。

人間に関わらず、生物とはただ生きているだけでエネルギーをどんどん消費していきます。これを基礎代謝と呼ぶのですが、筋トレによって筋肉量をアップさせるということは、増えた筋肉を維持する分のエネルギーを追加で必要とする為、直接的な基礎代謝アップに繋がっているのです。

基礎代謝による一日のエネルギー消費というのは非常に大きく、有酸素運動による消費量よりもはるかに大きいもの。間接的とはいえ脂肪燃焼に大きく役立っているのです。

筋肉量を増やすには、筋トレ以外に筋肉サプリを摂取する方法もあります。筋肉サプリには、HMBと呼ばれる筋肉量をアップさせるのに極めて効果的な成分が大量に含まれており、プロテインよりも圧倒的に高い効果を期待できます。筋トレと組み合わせることも非常に有効でありおすすめです。

有酸素運動と筋トレは組み合わせるのがおすすめ

ここまで、痩せる目的における有酸素運動と筋トレの効果についてお話してきました。どちらも効果的ではあるのですが、最もおすすめできるのは両方を組み合わせることです。有酸素運動には脂肪燃焼効果がありますが、その土台になる基礎代謝を筋トレによってあらかじめ鍛えておけば、効率的に大きな効果を期待できるためです。2種類の運動を上手に活用し、ダイエットに役立てましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!